ドストエフスキー[罪と罰]の舞台を歩くツアー

19世紀末にドストエフスキーが書いた格差がもたらした犯罪を描いた長編小説「罪と罰」は、当時大変な人気を博しました。21世紀になってなお、世界中の人々の心を魅了しています。[罪と罰]追跡の旅をご紹介します。サンクトペテルブルグ中にあるスポットを効率よく巡って、実際のサンクトペテルブルグの町並みの空気を感じながら、名シーンを思い出してみましょう。小説のキャラクターが実際に住んだとされる家、ラスコーリ二コフの散歩道をご紹介します。
スポットは歴史的な街に点在していますので、団体旅行やガイドブックでは伝えることのできない、かつ歴史を感じるサンクトペテルブルグの路地裏歩きも楽しんでいただけます。そんな裏通りを歩くからこそ、なぜこの名作がサンクトペテルブルグで生まれたのか、わかっていただけることでしょう。再び、[罪と罰]をお読みになれば、もっとストーリーが生き生きして甦るに違いありません!

オプションで追加可能:
ドストエフスキー文学記念博物館

ドストエフスキーが晩年に移り住んだ住居です。この家にてドストエフスキーは最後の作品[カラマーゾフの兄弟]を執筆しました。著名な作家の生涯と著作を日本語見学コースでご紹介いたします。作家が当時住んでいた部屋と直筆の原稿、彼の子孫から寄付された愛用品などが展示されています。

[罪と罰]は世界各国で25回以上の映画化されている。

Back to Page Top